フィッシャープライス カラースキャナー バイリンガル de カメレオン FBW69 国際ブランド フィッシャープライス カラースキャナー バイリンガル de カメレオン FBW69 国際ブランド 1498円 フィッシャープライス カラースキャナー バイリンガル・de・カメレオン FBW69 おもちゃ 知育・学習玩具 英語・外国語 1498円 フィッシャープライス カラースキャナー バイリンガル・de・カメレオン FBW69 おもちゃ 知育・学習玩具 英語・外国語 バイリンガル・de・カメレオン,1498円,/kobellite952277.html,おもちゃ , 知育・学習玩具 , 英語・外国語,カラースキャナー,フィッシャープライス,FBW69,markamedyagrup.com バイリンガル・de・カメレオン,1498円,/kobellite952277.html,おもちゃ , 知育・学習玩具 , 英語・外国語,カラースキャナー,フィッシャープライス,FBW69,markamedyagrup.com

フィッシャープライス カラースキャナー バイリンガル de カメレオン FBW69 格安激安 国際ブランド

フィッシャープライス カラースキャナー バイリンガル・de・カメレオン FBW69

1498円

フィッシャープライス カラースキャナー バイリンガル・de・カメレオン FBW69

商品の説明

遊びながら色と数字を学ぼう! ぼくはカメレオン! からだの色が変わるよ! キュートなカメレオンで絵の具パレットをスキャンすると同じ色にライトアップして、色の名前をおしゃべりします。色を混ぜたり、色さがしゲーム、数えゲーム、ゆかいな歌amp;おしゃべり! 3つのモードで遊ぼう! 身の周りのものもスキャンできちゃう賢いカメレオン! カラフルな絵の具パレット10枚付き。 1色モード 絵の具パレットや、身の周りのものをスキャンするとカメレオンの体の色が同じ色にライトアップして色の名前をおしゃべり! 2数字モード 身の周りのものの色や絵の具パレットの数字をスキャンすると1から10の数を数えて教えてくれます。 3ゲームモード 制限時間内に色をスキャンしていく“ライトを見て! "ゲームや、“色を数えよう"ゲームに挑戦しよう!

(Amazon.co.jpより)


メーカーより

商品名 フィッシャープライス おして! しまうまくんのバイリンガル・ウォーカー DNY98 フィッシャープライス バイリンガル・ファーストワード・わんわんステーション FRV55 フィッシャープライス リズム・N・ロール! バイリンガル・ヘッジホッグ FNR49 フィッシャープライス スマートステージ・バイリンガル・パース FRV37 フィッシャープライス スマートステージ・バイリンガル・マイホーム FRV42
商品説明 あんよの練習に最適。しまうまくんを押して歩くと楽しいおしゃべり!絵本のページをめくったり、ピカピカ光るボタンを押すと歌がスタート。おすわりでも遊べる2WAY。ABCや数え歌を英語と日本語でおぼえよう。 わんわんと言葉の発達を伸ばそう! ブロックをリーダーで読み取るとおしゃべりするよ。ピカピカ光るお鼻やボタンを押すと、計100以上のゆかいな歌やメロディとおしゃべりが流れます。成長に合わせてレベルアップする機能付き。 遊んで学ぼう! ソフトなヘッジホッグを転がしたり、投げたり、身体を動かしながらラーニング。おしゃべりヘッジホッグから、ゲームやミュージック、アルファベットや同じ音の言葉遊びなどが流れます。 かわいいパースが、今どきベビーのラーニングスタイル。スマートなおしゃれアイテムがいっぱい!ゆかいなおしゃべりamp;歌でABCや色を教えてくれる、ピンクのパース。すてきなアイテムでお出かけごっこの夢がふくらみます。 わんわんのおうちへようこそ! ラーニングの仕掛けが満載のマイホーム。あかりをつけたり、消したり、夢中になれる指遊びがいっぱい! ゆかいな歌やサウンド、おしゃべりで、アルファベットや数などが学べます。
対象年齢 6カ月~36カ月 9ヶ月~36ヵ月 3才~5才 6カ月~36カ月 6カ月~36カ月

フィッシャープライス カラースキャナー バイリンガル・de・カメレオン FBW69

まずサイズについて。小学生が扱うには片手でも大丈夫、3歳児が扱うとなると片手では上手く読み込めないことが多い。大きめの光線銃玩具といった感じです。色の認識を筆先でするけれど、たまに読み込めない時もあり、コツをつかむまで時間が必要ですね。ゲーム遊びをする時に読み込めないと、子どもには「なんでよめないの~」とストレスがかかってました。色が認識できないと、カメレオンが「教えて~」と言う時もあり、わざわざ難しそうな色を探しに行ったりもしました。スイッチで切り替えできるモードが3種類。色モードには色の名前の名前ゲーム、色探しゲーム、色の混ぜ混ぜゲーム。数字モードには色の数えゲーム、色を見つけようゲーム、数字探しゲーム。ゲームモードでは色を数えようゲーム、ライトを見てゲームがあります。モードごとにゲームが終わると自動的に次のゲームへうつりますが、ゲームをスキップする時にはゲームが始まってすぐに背中のボタンを長押ししなければなりません。ボタンを長押しして切り替えると、カメレオンが別のゲームにすると言って切り替わったことを教えてくれます。周りの色も読み込めますが、絵の具パレットの色を読み込むのが一番間違いが無く、簡単に遊べます。
説明では物の色を読み取るとありましたが、子どもがやるとあまり上手に色を読み取りません。同じことしか言わないので子どもも飽きてしまいました。
まだカメレオンという生き物自体を知らなかったので、最初は怖がりましたが、しゃべり始めると興味津々で寄ってきました。(笑)色が付いている物だったら何でもスキャンできる凄い仕組みなので、家にあるものをスキャンしては、カメレオンの体の色を変えて不思議そうに楽しんでいます。体の色だけじゃなくて、色の名前を音声で教えてくれるので、色を簡単に覚えられそうです。また、色と色を混ぜてできる色の名前も教えてくれるので、絵の具を使って覚えさせる前に予習ができます。(絵の具って汚れたりして大変ですからね)他にも色分けされたパレットに番号が振ってあり、1,2,3..と数字の順番を覚える遊びにも使えます。あと、このカメレオンはとにかくよく喋るので楽しいです。ちなみに別の楽しみ方として、スキャナーがどのくらい微妙な色合いまで感知出来るか、大人も楽しめたりします(笑)
カメレオンが筆を持ったようなデザインの玩具です。尻尾の部分を持ち、筆の先で付属の小型カラーパレットに触れると、本体がその色に発色し、色名を日本語と英語で話します。その他に指定した色を選んでスキャンしたり、数字を探したりするモードもあります。三段階のスイッチでそれらの機能を選び遊ぶようになっているのですが、遊んでいるうちに別のモードに変わってしまい他のゲームが始まります。何故かよくわかりません。日本語と英語で話すので英語の勉強にもなると言えばなりますが、極めて限られた言葉だけなので、おまけ機能程度に考えていたほうが良いでしょう。 気になるのは、本体の大きさです。尻尾の部分を持ちながら、筆先部分を付属の小型カラーパレットやほかの色のある部分に触れ、スキャンボタン押して色を読み取るのですが、小さな子どもの手では持つのが精いっぱいで、スキャナーの先端部分を狙った場所にきちんと充てるのは至難の業です。ましてや同時にスキャンボタンを当てるなんて・・・・。4歳の孫が遊んでいる様子を見ていると、ある程度手が大きくなってからしかうまく使えないのではないかと思います。 でも、小学生になってからでは、単純過ぎ興味を示さないかもしれません。という訳で、☆一つ減らしました。

      近畿大学学術情報リポジトリ
             Kindai University Academic Resource Repository
 

 

新着情報 / お知らせ

(お知らせ)

2016年4月1日より近畿大学学術情報リポジトリがリニューアルしました。

 

WEKO